縁切りしたい!エネルギーバンパイアの特徴と撃退する方法、出会う意味は?

スピリチュアル
スポンサーリンク

『エネルギーバンパイア』という言葉を聞いたことがありますか?

スピリチュアルの世界でよく使われる言葉ですが、人からエネルギーを奪うことで気を補充し、生きている人のことを指します。

職場や友人関係、恋人、家族にも、もしかしたらこういう人が潜んでいるかもしれません。

ここでは、エネルギーバンパイアの特徴と、そういった人々と縁を切る方法を記載していきます。

スポンサーリンク

エネルギーバンパイアとは?

エネルギーバンパイアとは、人の気を奪って自分のエネルギーとして生きる人のことです。エナジーヴァンパイアと呼ぶ人もいます。

「エネルギー」=気、「バンパイア」=吸血鬼、ですので、他人から気を吸いそれを養分にする、という意味です。

エネルギーバンパイア自身にその意識がないのですが、一緒にいる人やターゲット化された人は、本当に迷惑です。

通常ターゲットにされた人は、エネルギーバンパイアから気を奪われていることに気づいていない場合が多く、「なぜか最近異様に疲れる」などといった漠然とした体調不良になることが多いです。

そもそもエネルギーバンパイアがターゲットとするのは、何か問題があったときに自分が悪いと思いやすい「自責タイプ」が多いですから、気づけないこともあるのです。

エネルギーバンパイアの目的

次にエネルギーバンパイアの目的を見ていきます。

エネルギーバンパイアは、自分で精神的に自分の面倒を見ることができません。ですから、自分の「良い気分」を維持するために他人を利用します。

精神的に他者に依存して、自分の気分を上げようとするわけです。ですから、エネルギーバンパイアはターゲットに甘えますし、憧れたり、真似をする人もいます。

そうやってポジティブな感情を持っていれば、自分が悪者ではないという体で遠慮なくエネルギーを奪えるからです。

「好きだから、一緒にいたい」「憧れてるから、真似をする」

相手への好意が免罪符なのです。

彼らが求めているのは、幼児を面倒みて愛する母親です。お母さんのように「わかるよ」と言って話を聞いてほしい。怖いことがあれば、「大丈夫だよ」と言って抱っこしてほしい。

自分が落ち込んだり悲しい気持ちになった時、それに自分1人で向き合えないので話を聞いてほしいし、ついでにアドバイスがほしいし、自信を持つために自分を褒めてほしいし、そんなダメな自分も愛してほしい。

生まれる前の臍の緒が繋がった母子一体化に戻りたい。もしくは、お腹が空いたら泣いておっぱいがもらえたあの頃に帰りたい。ずっと赤ちゃんのままでいたい

これがエネルギーバンパイアの本音です。

少しスピリチュアルになりますが、彼らはエーテルコードと呼ばれる精神的なコードを見えない領域でターゲットに繋ぎます。ママから栄養をもらうように、ターゲットに母親を投影し、生命エネルギーを奪っているのです。

※上記で上手くいかない場合は、エネルギーバンパイアは悪意で繋がろうとします。ターゲットを恐怖で支配したり、悪口を言ったり、嫉妬をしたりするのです。モラハラ・パワハラもこの一種です。

エネルギーバンパイアの特徴

それでは、エネルギーバンパイアの特徴を見ていきましょう。

エネルギーバンパイアの特徴
  • 自慢話が多い
  • 話し方が極端(高圧的・弱者風)
  • 一方的に自分の話しかしない(人の話を聞けない)
  • 不特定多数の人と浅い関係を築いている
  • 一人で居ることが苦手
  • 誰かと住んでいる
  • 愚痴が多い
  • 正しさにこだわる
  • 承認欲求が強い
  • わざと人の嫌がることをする
  • 口調がキツい割に、繊細(自分の傷にだけ敏感)
  • 深い部分で他人に興味がなく、愛情を感じない
  • あなたのことを、なんでも分かっているという態度
  • 相手と意見が同じでないと、感情的になる
  • 計算高く、自分の利益のためなら平気で嘘をつく
  • 他人の気持ちがわからず、勝手に妄想した内容を現実だと思い込む
  • 他人との距離の取り方が極端(遠すぎる・近すぎる)
  • 礼儀正しい振る舞いが表面的で、実際は非常に強引でわがまま
  • 表面は自立している様をアピールするが、精神的に依存的
  • 店員などに対して、態度が粗暴
  • ちょっとしたことで、すぐに機嫌が悪くなり態度に出る
  • 状況やあなたをコントロールしようとする

この特徴は、Taker(奪う人)と呼ばれる人とも一致していますし、自己愛性・境界性パーソナリティ障害や、共依存の支配者側の性格とも多く一致します。

これらは、同じような性格的特徴を別の基準で判断しているだけなので、結局は似たようなものです。ネガティブな側面(幼稚さ、弱さ、醜さ)を過剰に持ち合わせており、それによって他人と適切な距離を保った関係性を構築できないのです。

単純に、ちょっと強引で、合理的で…という性格の人はいます。依存心も、普通はどんな人にもある心理です。しかし、いわゆる「病気」とか「おかしい」と思われる人は、その程度が「一般的な域」を超えています。

ただ性格が歪んでいて、一緒にいると疲れるな〜という人はいますし、これも結局は人から気を奪う人ではあるのですが、エネルギーバンパイアと呼ばれる人たちは、その一方の疲れ方が異常というところに問題があります。

ポイントは、片方だけひどく疲れており、片方が元気になっていくことです。

「性格的に合わない」だけではなく、これはおかしいなと思うエネルギーバンパイアの特徴として、「一人でいられない、孤独な性格」というのがあります。

通常、人は自分の機嫌は自分で取るものです。時には、嫌なことがあって人に相談したり、仲の良い友人に愚痴ったりすることもあるでしょう。でも、話すとスッキリして「聞いてくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝え、元に戻ります。

逆に聞いてくれた人が落ち込んでいる時は、自分が話を聞くこともあります。持ちつ持たれつの精神で支え合っていくでしょう。これが適切な人間関係ですので、(愚痴ってる私って問題?)と思わないで大丈夫です。

人は会って話たり笑ったり怒ったりすることで、無意識にエネルギーを交換しています。どちらかのエネルギー状態が下がっている時はどちらかが与え、また逆も然りです。

しかし、エネルギーバンパイアは貰うことしか考えてない人、返すことがない人たちであり、相手を尊重したり了解を得る前に奪おうとする人たちのことです。

彼らは、他の人たちのように好きなことに没頭したり、お風呂に入って休んだり、瞑想など自分自身と対話することで自分で自分のエネルギーを補給することができないので、他人と交流し、奪うことで日々の活力を得ています。

そういう人たちは、当然人に嫌われ遠ざけられるのですが、エネルギーバンパイアは他人からしか「頑張ろうという元気」「人に優しくする心の余裕」「落ち着いていられる冷静さ」などの気を補充できないので、不特定多数の人と関わりを持つことが多くあります。

そして孤独に耐えられないため、誰かしらと同居していることも多いです。誰かに寄生してしか、生きていくことができないためです。

また、自分の目的(エネルギーを奪う)のためには、罪悪感などを持たず、他人を利用するという特徴があります。これは、男性性優位な高圧的で自己愛なタイプにも、女性性優位な被害者面した依存的なタイプにも共通して見られる気質です。

彼らにとって、周りの人間は自分のエサです。自分の機嫌をとり、自分を褒め、自分にとって都合の良い行動し自分を喜ばせてくれる存在でしかないですから、あなたの都合やあなたの自由を尊重する気はありません

もしもそういった気を遣う時は、それによって自分の立場が危なくなり、あなたにパラサイトできなくなるためにすることですから、態度としては表面的であり、どこかしら演技的に見えるでしょう。

話を聞いてほしい、分かって欲しい、癒してほしい、褒めて欲しい、甘やかして欲しい、受け入れて欲しい、とにかく欲しい欲しいばかりのクレクレ人間であり、人に与えることには興味が一切ないか、それをすることが出来るレベルに達しておらず、逆に相手が迷惑をするという悪循環に陥ります。

エネルギーバンパイアは依存気質ですので、こちらの記事も参考にしてみてください。

エネルギーバンパイアを見分けるには

エネルギーバンパイアを見分けるには、2つの方法があります。

一緒にいると、片方だけ元気になり、片方が異様に疲れる

まずはこちらです。
これは受け手側のバリアにもよりますが、エネルギーバンパイアと会って数時間も話すとこうなります。

エネルギーを奪われた時の状態

物理的に立てなくなる
自律神経が狂って、目眩がひどくなる
吐き気がする
気分が落ち込み、笑えなくなる
泣きそうになる
死にたくなる
自分も悪口を言いたくなる
攻撃的な気持ちになる

特に、「相手が愚痴を言っているわけではないのに、すごく疲れる」は要注意です。相手は巧妙にあなたから自分の欲しい言葉を引き出したり、自分の思い通りに話を進めるために、計算しています。そして、相手は絶好調とばかりに元気になっているのが特徴です。

また、こういうタイプは相手の心理的なパーソナルスペースに、無断で侵入することを好みます。あなたのことを全てわかっているという風な態度(支配)を示したり、もしくは自分の話ばかりして自己アピールに必死です。

相手そのものには興味がないのに、急激に距離を近づけて、相手が不愉快になっても気づかずそれをやめられない人は高確率でエネルギーバンパイアですし、そうでなくても問題がある人で間違いありません。

常に自分の話を聞いてくれる人を探している

エネルギーバンパイアは、常に自分のエネルギー源になってくれる自分の理解者(実際は犠牲者)を求め、探しています。

すでに今の人間関係では嫌われているか(半分くらいは本人気づいていません)、この人に対して普通に冷たくできるドライな人しか周りに残っていません。

病的なまでに人間関係の維持に労力を費やしていたり、自分の何もかもを理解してくれるソウルメイトを探しています。(ソウルメイトは、自分にとって都合の良い他人ではありません。)

人に嫌われた場合、普通はそんな自分を受け入れながらも、自分で自分を見つめて悪いところは治そうとするものですが、エネルギーバンパイアは他責タイプですから反省をしません。

もしくは人の気持ちが分からないので、考えてもさっぱり分からず、そのうち深く考えることを放棄します。精神的に弱く、自分の問題や過去の傷に向き合うことができないためです。

これは幼少期の親の態度(溺愛、過干渉、比較、無関心、虐待…など)が原因であり、可哀想な人ではあるのですが、この人の問題はこの人しか解決できないということに気付かず、人から奪い傷つけ生きているのですから、結局親と同じレベルなのです。

自分は傷ついていて可哀想。だから、周りの人から多少奪っても罪にはならない。そういう考え方なのです。

身の回りに、とにかくフットワーク軽く、色んな人に話しかけまくり、色んな人の噂話をし、でも誰とも深い関係性を結んでいない人がいれば要注意です。

どちらにしても、冷静になって考えれば分かります。「何かがおかしい」のです。この違和感を絶対に疑わないでください。

相手が可哀想だとか、精神病扱いをして傷つけるかも、とかそういったものを全部抜きにして、「単純にあなたがおかしいなと思うかどうか」に集中してください。

おかしいと思ったら、それはエネルギーバンパイアであってもなくても、あなたにとっては「おかしい人」で「あなたが一緒にいたい人」ではないんです。

まずは自分一人でゆっくり考えて見てください。

エネルギーバンパイアの撃退法

エネルギーバンパイアが求めていることは、傾聴・反応・理解・共感・受容です。この期待を全部裏切りましょう。聞かない、反応しない、理解できない、共感しない、受け入れない、これを実行すれば撃退できます。

物理的に距離を取る

まず、やばいと思ったらすぐに一旦距離を取ってください。こういう人たちは、あなたの思考回路まで乗っ取ろうとするので、相手のことを考えるにしても距離を取ってから、ひとりになって考えましょう

エネルギーバンパイアにもレベルがあるのですが、ここで諦めて距離が出来る人は、まだ軽度です。

LINEの返信をしない、仕事で忙しいと誘いを断る、関わりを減らす。これで大分マシになると思います。エネルギーバンパイアはこういった対応を他でもされているので、「あの人も私のソウルメイトじゃなかったんだ…」と落ち込み、またゾンビのようにパラサイト出来る人間を探しにいきます。

反応しない

エネルギーバンパイアは、他者からの承認を異常に求めています。自分では自分のことを愛せず大嫌いなのですが、プライドが高いのでありのままの自分を許せません。ですから、ありとあらゆる方法で他人からエネルギーを搾取しようとします。

その1つの方法が、相手のリアクションです。反応はコミュニケーション上の報酬と言われますが、彼らは特にこれを求める傾向が強いです。自慢をして褒め言葉をせがんだり、平気で嫌がらせをします。

自分の話や行動で、相手がびっくりしたり、喜んだり、悲しんだり、怒ったり等リアクションをすることで、自分が相手に影響を与えていることを感じられ、満足します赤ちゃんが泣いて、お母さんを呼んだり、自分に注目を向け、愛情を独占しようとするのと同じ方法です。

これは自己愛・境界性・ストーカー・パワハラ・モラハラ・セクハラ・DV等、全ての支配的な人間関係に当てはまることが分かりますか?

ですから、このタイプの人たちは無視されることが何より嫌いです。それがポジティブでもネガティブでも、他人に認められることが彼らの生存理由ですから、「自分の存在を認知されていない」=「死」になるからです。

反応をしなければ、最初はギャンギャンとうるさいかもしれませんが、無視してその態度を貫きましょう。

共感しない

彼らは「自分の気持ちをわかってほしい」という感情が異常です。ですから、話を聞いても「私はそう思いません」などと言って、共感を避けてください。かなり冷たい印象を与えても大丈夫です。その代わり敵意は見せず冷静に「自分は違う」ということを表明しましょう。

話をわかってくれない人といても、エネルギーバンパイアは元気を失うだけで、奪うことができませんので、勝手に離れていきます。話しても分かってくれないのなら無駄、と思うのです。

あなたと相手は違う人間である、という境界線を強く意識しましょう。

指摘する

エネルギーバンパイアは、自分のおかしさ、未熟さを指摘されるのが大嫌いです。

普段は巧妙な手口で普通に見せかけ行動していますので、自分の正体(中身がなく他人に依存しなければ生きていけない幼稚な人格)がバレることに強い恐怖を感じています

こういう人間の中には執着心が強く、ストーカー気質の人も居ますので、相手に悪意を持って傷付けると逆恨みされ粘着される場合があります。ですから、感情を挟まず、あくまでサラッと「事実を指摘」してください

例えば、エネルギーバンパイアは自分の立場が有利になるように立ち振る舞っているため、言っていることややっていることがチクハグです。

ですから、エネルギーバンパイアの発言に明かな矛盾点があれば、「あれ?こないだ〇〇って言ってませんでしたっけ?」と、ただ不整合なところを指摘してください。批判や否定でなく、悪意を持たないことが重要です。

そうすると、勝手に一人で傷付き怯え、勝手に距離を取ってくれます。「お前の歪みに気づいているぞ」「弱さが見えているぞ」とアピールするのです。

断る

これが一番強力です。

エネルギーバンパイアは、自分が相手から励まされ、共感し、話を聞いてもらえることを当然だと思っています。ですから、自分がどれだけ相手を粗末に扱っても自分を支え、味方でいてくれる人こそがエネルギーバンパイアの理想の人です。

相手(親代わり)から見捨てられることは死を意味するため、自分を拒絶しなそうな優しそうな人に目をつけます。そういう人は自分を傷つけないだろうと確認していますが、そういうタイプにはっきり断られると「自分の思っていた人と違った!」と逃げていきますので、積極的に断りましょう。

断り方は、あくまで「冷静・丁寧・断固として」。

逆恨みしたり、周りにあなたの悪口を言いふらす可能性がありますので、言われても正々堂々といられるよう、あなたも相手と同じレベルに落ちないようにしてください。

「あなたとは、仲良くできません。」「これ以上、関わりません。」「これ以上、あなたの話は聞けません。」とキッパリ断りましょう。

コツは、相手がエネルギーバンパイアだとか、自己愛だとか、相手のことをどうこう言わずに、あくまであなたの感情や意見として主張することです。

「あなたの行動を、私は迷惑だと感じている」など、あなたを主体にしてください。絶対にエネルギー(圧)で負けないようにしましょう。これ以上、あなたの中に相手を入れないでください。

相手の感情や意思を変えようとするのを、モラルハラスメントと呼びますので、あなたの意見や感情にケチをつけられそうになった場合、直ちに拒絶してください。例え、あなたが間違った認識で相手を嫌っていたとしても、あなたには自分の嫌な人から距離を取る権利があるんです。

「私には、あなたと違う意見を持ち、あなたを嫌いになる権利があります」と伝えましょう。

これが出来れば、多少は恨まれることにはなるでしょうが、粘着される可能性は減ります。エネルギーバンパイアは早く次のエネルギー源を見つけないと生きていけないので、依存のコードを切ることが必要です。

エネルギーバンパイアのターゲットになりやすい人

エネルギーバンパイアは、幸せで生き生きしていて、人に優しく、理解し、共感出来る優しい人が大好きです。いわゆる「いい人」です。責任感が強く、何があっても人のせいにしませんので、出来る限り相手のことを受け入れてあげようとします。

稀に、誰かを助けることで自分の存在意義を感じる、DVやギャンブルに明け暮れるヒモ男などに捕まってしまう人がいますが、そういう人は好きでやっていますので、もう懲り懲りだと思うまで続きます。

そういう訳ではないのに、高圧的、もしくは依存的な人が寄ってくる人は、真面目で平等ですが、同時に優柔不断でどこか自分に自信がなく、自分の意思より他人を優先する特徴があります。

ターゲットのこの弱さに目をつけて、エネルギーヴァンパイアは狙います。嫌だと言えないあなたに、不当で理不尽な要求をし、自分の利益をかすめとろうとしているのです。

こういう人間に対して防御が出来るのが健全で成熟した人であり、逆にあまりにネガティブな影響を受けすぎる人は、そもそもその人自身も他人軸であり、主体性がなく精神的に未熟な可能性があります。

しかし、中にはHSPであったり、芸術的な才能があり繊細な人もいます。こういう人たちは実際他人軸になりがちなのですが、性格は使いようです。自分を変えるのか、自分が生きやすい場に行くのか、選ぶことができます。

あなたは優しいからこそ、他の人よりも余計にガードを堅くする必要があることを知りましょう。

エネルギーバンパイアが寄ってくる意味とは

あなたは、エネルギーバンパイアから「良質なエネルギーを摂取できる対象」だと思われています。これは、あなたが幸福で何事も人のせいにせず、日々小さなことに感謝して生きている証です。まず、この部分は自分を褒めてあげてください。

しかし、エネルギーバンパイアが狙う人には「自分の言うことを聞いてくれそう(利用しやすそう)」という項目があるのです。

あなたの一部は非常に高波動ですが、そのエネルギーはあなたの防御が足りないせいで体から垂れ流しのようになっています。そして、一部そういった未熟さが低波動であり、そこに共鳴してエネルギーバンパイアが寄ってくるのです。

エネルギーバンパイアのターゲットは、優しい人であり、共感性が高い人であり、魅力的な人ですが、同時に心に弱いところがあるのも事実です。その弱さを引いても素敵な人ですが、そんな人を利用しようとする人がいることを、あなたは知る必要があります。

エネルギーバンパイアのターゲットは、人に対して平等に接することができる人でもあります。人類愛を持っているかもしれません。そういう人は、親に愛されず、人に嫌われ、拒絶されている人を見ると胸が痛みます。

しかし、人類を愛すること(みんなが幸せになって欲しいと願うこと)と、あなたが目の前の誰にでも優しく手を伸ばすことは、イコールではありません。

少しきついことを言いますが、あなたは自分のことを、どこかで「周りよりもすごい人」だと思っていませんか?自分は周りの人より高貴で、精神性が高く、純粋で、優しいのだと思っていませんか?

確かに、あなたは他人の幸福を願えるほど優しく、器の大きい人です。しかし、神様ではありません。他の人と同様に好き嫌いがあり、性格の特徴もあります。ですから、あなたと日々一緒に気持ちよく居られる人たちは限られているのです。

目の前の苦しみや悲しみを全て背負って、それを自分の手で誰かをどうこうしようとするのは、もうやめましょう。世の中には、あなたの存在ではどうしようもない人がいることを認めましょう。

そして、その人たちに「あなたの今の状態では、あなたの求める高波動の人たちとは関われません」「あなたは学びを通して、もっと素敵な人になれます」と教えてあげることができます。

エネルギーヴァンパイアから学ぶべきこと

誰にでも優しくすることは、愛ではない

世界には、どうしようもない人がいる

見捨てることも愛

会社の面接でも、社風と合わない人は入っても辛いだろうと判断し、落としますよね?それは、その人がより良い会社と出会う機会を与えることでもあります。

人間関係も同じです。winーwinな関係以外、お互いのためにはなりません。積極的に選り好みをするのです。

自分を低く見積もらないでください。自分の素晴らしさを提供していいのは、あなたのお荷物になるような人ではありません。

あなたが好きになれない人と仲良くすることは、相手に対しての見下しであり、愛ではないのです。世の中には、あなたがどうしようもないほどエゴに囚われ、低い波動で生きている人がいることを認め、そしてその人たちにも個性や価値があることを認めて許し、手放しましょう。

エネルギーバンパイアとの出会いは、あなたの心の未熟さの表れであり、同時に弱いあなたに気づき、自分を大切にする方法を知るチャンスなのです。

エネルギーバンパイアと縁を切った後

エネルギーバンパイアと縁を切ったら、そこで「あいつは私からエネルギーを奪った」「私を利用し、見下した」などと恨まないでください

そして、「相手がエネルギーバンパイアだと見抜けなかった…」「自分を傷付けるのを許してしまった…」と自分を責めることもしないであげてください。

私たちがこの世に生まれてくる意味の1つに、「精神的な向上」というテーマがあります。わざわざ重力という重苦しいエネルギーがある地球という星を選び、この地上に色々なことを学びにきているのです。

人との関係や仕事、遊び、それを通して、自分は素晴らしいのだということを思い出し、愛し、同時に相手も愛す訓練をしています。

今回、あなたより低波動で人間が出来ていないように見えるエネルギーバンパイアも、あなたの教師となってくれましたあなたに自分の弱さと未熟さ、そしてあなたの素晴らしさを教えてくれました。

こういった観点から見ると、人間は皆平等です。みんな色々な立場と役割で、色々なことを教え、導いています。

あなたはエネルギーバンパイアとの出会いを通し、人生に対して他人に依存し責任を取らない態度、なんでも自分の力で他人をどうにかしようとするエゴ、自信の無さがあなたの中にあることを知りました。

しかし、同時に他人にエネルギーを渡すことが出来るほど、自分を自分で満たす力、相手の立場に立って考えられる思いやりの心、あたたかな優しさがあることを知りました。他人を生かすことができるほど、素晴らしい才能であり能力です。

その能力をもっと多くの人々のために使うためにも、あなたはあなたを害がある人間関係から守る必要があります。

もしも今回の出来事にネガティブな気持ちが出てきたら、目線を変え(視点の高さを変えます)、こういった経験を受け入れた自分、そして考える機会を与えてくれた相手に感謝しましょう。

そうしてあなたがさらにパワーアップしたあなたに変化すれば、もうエネルギーバンパイアが目の前に現れる必要はなくなるのです。

自分が気に入らない・嫌なことがあったからといって、あなたの波動を下げる必要はありません。これは朝起きる時のアラームと同じで、あなたが本当の自分として生きることができてない「気づいて!」というシグナルでしかないのです。

自分の人生に嫌なことが起こった時、一番大事なことは、ただ「これは自分にとって必要なことだった」のだと受け入れ、次に同じようなことが起こらないよう、あなた自身が変わっていくことです。

まとめ

ここまで読んでくださっているあなたは、きっと気高く、優しく、精神性の高い人です。だとしたら、『目線を変えて、物事の本質を見る』ということについて、是非一度考えてみて欲しいと思います。

今回も、誰かを責めて問題を見て見ぬふりすることなく、自分で原因や解決策を見つけにきたあなたなら絶対に出来ます。

問題が発生した(ように見える)ステージでものを見ても、解決することはありません。一旦、自分を隔離し個人的な感情を吐き出して、冷静になったその後、目線をズラして高いところから問題を眺めてみます。

そうすると、今まで見えなかったものが見えてきます。そうすると、あなたの器は更に広がり、目の前に映る現実を多様に見ることができるようになるのです。

そして今も、コノヤロ〜(怒)と怒りを抑えられない人は、一旦怒りを吐き出し切った方がいいので、誰か信用できる人に話を聞いてもらってください。怒りをなかったことにしたり、誰かを悪く思うことに罪悪感を持つのだけはやめてください。

「怒り」はあなたを守るエネルギーなので、良いとか悪いとかいうものではありません。相手に無配慮にぶつけない限り、あなたの中で健全な感情です。どんどん怒って、怒りを体の外に出しましょう。

また、エネルギーバンパイアにエネルギーを吸われてその低い波動に同調してしまった人は、ミイラ取りがミイラになるように自分自身もエネルギーバンパイアになる可能性がありますので、あくまで自分軸を意識し、自分の感情には自分で責任を持つようにしてください。

相談する人は、身近の誰かでもいいですが、占いでもヒーラーでもカウンセラーでも精神科の先生でもいいので、プロに頼むのがおすすめです。

現在、「電話占いヴェルニ」では新規会員登録で最大5,000分無料です。まずは気軽に、モヤモヤを吐き出すつもりで、話を聞いてもらいましょう。ただ聞いてもらうだけ、というのがカウンセリングの基本ですので、気軽な気持ちで良いです。そして、ヒーリングのプロは、共感力・傾聴力に優れていますので、聞いてもらって元気になったら、あなたも人からエネルギーを与えてもらった証です。

ヴェルニは、霊視やスピリチュアル系が得意でクチコミの数が表示されているので、人気の先生がわかります。調査したところ、瀬那先生、大和和乎先生、魅理亜先生、ココロ先生などが人気で、4000件前後クチコミがあります。

サンプルボイスも聞けますので、この人だ!と思う先生に、思い切って話をしてみてください。

タロットや西洋占星術などがお好みの方は、こちらです。価格も様々で、気軽にお願いできます。

   

タイトルとURLをコピーしました