大豆ミートはまずい?糖質やカロリーは?おすすめを紹介!ソイミート・そぼろ

食生活
スポンサーリンク

ちゃお
ちゃお

あなたはソイミートを食べたことはありますか?

味が改良されて、どんどん美味しくなっているという大豆ミート。

今回、コスパや味も含め、厳選して購入した大豆ミートをご紹介いたします!

スポンサーリンク

大豆ミートとは?

大豆ミートとは、大豆からタンパク質を取り出し、肉のような食感になるよう加工されたものです。

大豆ミートは、主にヴィーガン、ベジタリアンなどの間で広まり、近年はダイエットや健康志向の方にも人気の商品です。

昔とは違い、現在は色々なタイプの大豆ミートが製造されており、味もかなり改良され、美味しくなって来ています。

大豆ミートタイプ3種類

大豆ミートには、主に3種類あります。

ブロックタイプ

まずはブロックタイプです。

こちらのタイプは、カレーや唐揚げなどに使用することができます。

フィレタイプ

こちらのタイプは、焼肉や、豚の生姜焼き、肉じゃがなどの使用できます。

ミンチタイプ

最後は、ミンチタイプです。

こちらは、非常に汎用性が高く、ミートソース、キーマカレー、餃子、ハンバーグ、肉味噌、ピーマンの肉詰め、ミートボールなどに使用できます。

大豆原料で肉の味はついていませんので、ソースなどの味が濃いものとの相性がいいです。

大豆ミートの原料 2種類

大豆ミートの原料は、主に2種類あります。

大豆と、脱脂大豆です。

脱脂大豆とは、「大豆油の製造過程でダイズに含まれる脂肪を取り除いたもの」。ここから醤油や味噌が作られる場合もあるので、タンパク質として食べる分には問題がないと思います。

むしろ、ダイエットで脂質を減らしたい方は、脱脂大豆の方を好まれるかもしれません。

大豆ミート ランキング5

ここでは、大豆ミートのおすすめ品を紹介します。

当初、手軽に大豆ミートを食べるためにスーパーなどでも探していたのですが、やはり少量パックはかなり割高なため、通販で探すことにしました。

5位 大豆ミート そぼろミンチ 1kg

5位はこちらです。

ベジタリアンのお店で販売されているもので、そぼろタイプで送料も含めた価格で比較すると、かなりお安いです。

ただ、こちらは「国産大豆」の表記がないことと、植物性油脂や色素などの添加物が入っているのが気になりました。

生産国は日本なのですが、国産大豆使用とは記載されていないので、外国産大豆を国内で生産している可能性が考えられます。

また、カラメル色素などの食品添加物は、家庭で作る料理には不要なので気になりました。

しかし、こちらの商品はとても安く、少量タイプも安く販売されているので、使い勝手は良さそうです。

4位 nichie 大豆ミート ミンチタイプ700g

4位はnichieの大豆ミートです。

こちらも原料は、脱脂大豆(非遺伝子組み換え)ですね。

価格が安いので、最初にチャレンジするには良い商品だと思います。

3位 大豆ラボ 大豆のお肉レトルト ミンチ フィレ ブロック

3位は大豆ラボの商品です。

こちらは、大豆ミートでとても有名なメーカーで、それぞれ少量なので、いろんなタイプが一緒に買えるのが良いですね。

原料は、脱脂大豆加工品(国内製造(脱脂大豆、醤油))となっており、脱脂大豆に醤油が入っているようです。

2位 SOY MINCE ソイミんち 1kg

2位は、業務用のSOY MINCEです。

こちらは、食感がかなり肉に近いという理由で非常に良いレビューが多い商品です。

原材料は、脱脂大豆です。

楽天では、同じ商品は見つけられませんでした。

1位 国産大豆ミートそぼろ 1kg

1位は、こちらです。

こちらの商品は、原材料が「国産大豆100%」と記載があり、余計な添加物なのも入っていません

大容量でそんなに他製品と価格も変わらないので、私は安全性や国産品を選びたいという思いから、こちらが気に入り購入しました。

ちなみに、amazonでは販売していません。

大豆ミートを実際に調理します!

長い間、色々な商品を比べてみて、今回は国産大豆使用のこちらを購入しました。

余計なものが一切入っていないのが嬉しいです。

賞味期限は、約10〜11ヶ月。開封すると少し短くはなると思いますが、乾燥しているので、ある程度はもってくれると思います。

牛豚ひき肉と、成分比較

100gあたりのカロリーも記載されています。

ただ、上記は乾燥している状態のカロリーで、水で戻した場合1人前は、30g前後です。

牛豚肉と比較すると、こんな感じになります。

 カロリー脂質炭水化物
牛豚ひき肉 100g259kcal19.7g0.2g
大豆ミート 100g157kcal5.6g10.3g

 ※大豆ミートは、水で戻し絞った状態のグラムで計算しています。

やはりカロリーと脂質が大幅にカットされますね。

   

開封

中身を取り出して、100g測ってみました。結構量が多い。

見た目は、すごく肉っぽい。
食べてみると、大豆の味はしますが、カリカリして美味しいです。

大豆ミートを食べられている方の中には、クルトンの代わりにサラダにかけて食べている方や、コーンフレークの代わりに食べている方も居るようです。

アイデア次第で色々な使い方ができるのですね。

茹でる

それでは、茹でていきましょう!時間は3分とのこと。

茹で上がりました。量がめちゃくちゃ増えてる!!!

そして、見た目がさらにお肉に近づいています…!

茹でた挽き肉のようです。

食べてみると、やはりこの段階では、少し大豆の香りはします食感は少し柔かいお肉です。しかし個人的には豆の匂いって苦手ではないので、普通に美味しそうな香りです。

これを水で少し洗って、水を絞ります。

   

すごく量が増えたので、実際に何グラムになっているのか量ってみましょう!

特に何の作為もしていないのですが、小数点以下までピッタリ280g!!!

元が100gだったので、2.8倍約3倍に膨らみます

近くで見れば見るほどお肉です。すごいなあ。

元と比較してみるとこんな感じ。水を含んで白っぽくなっていますが、よりお肉っぽいです。

調理

今回は、甘辛そぼろを作っていきます。

私は油は使用しませんでしたが、この段階で何かしらオイルを入れても良いですよね。

実食

出来ました!!!

ビビンパのような、そぼろ丼です。キムチ買いを忘れたので、ビビンパと言って良いの分かりませんが、それらしいものは出来上がりました。

食べてみます。

美味しい!!!

豆の味はほとんど感じず、しっかり味がついていて、めちゃくちゃ美味しいです!

食感も、水で戻した時よりさらに肉に近づいています。

ただ、私は若干茹ですぎてしまったので、硬めの食感が好きな方はさっと湯通しするか、水で戻す時間を調整すればもっと肉に近づくと思います。(それでも、美味しく大満足です!)

原料が大豆なので、肉の味を出すのは無理ですが、ミートソースや麻婆豆腐、甘辛のそぼろ、キーマカレーなど、味の濃い料理の中に入れると、とても相性が良いと思います。

お肉と混ぜて使用される方や、牛脂やだしを使用してお肉の味に近づけている方もいるようです。私はお肉は口にしないペスカタリアンなので、鶏ガラの代わりに昆布茶を入れて味付けをしました

また、多めの量をさっと湯がいて小分けで冷凍しておけば、すぐに使用できるので、もし面倒だなと思う方にはおすすめです。

豆の香りが気にならない人は、そのまま使用するのも良いと思います。

大豆ミートとひき肉の価格比較

大豆ミートと通常のひき肉の価格を比較してみます。

 100g価格1g価格
牛ひき肉約128円約1.2円
豚ひき肉約100円約1円
鶏ひき肉(合挽)約88円約0.8円
国産大豆ミート約68円約0.6円

牛・豚・鶏のひき肉の価格は当然バラツキがありますが、東京の平均的な価格で設定しています。

大豆ミートは、今回私が調理した国産大豆ミートそぼろ1kgを参考にしています。

やはりお肉を買うよりも安くつきます。

   

個人的に、想像よりもずっと美味しかったので、そぼろタイプ以外も今後購入しようと思います。

大豆ミートは乾燥しているので、非常食としても常備でき、使い勝手がとても良いです。

おうちに1つあれば、いつでも必要な時に使えて環境や動物にも優しい大豆ミート、興味のある方はお試しください。

    

【使用していた食器】

【飲み物】

ドルチボーレのオーガニックルイボスティー

タイトルとURLをコピーしました